【解説】無効なトラフィック - コンテンツ向け AdSense
Screenshot_20210126-152944

今回の解説はGoogle アドセンの収益欄に
表示されているこれ↓

ーーーーーーーー
Screenshot_20210412-135536~2
ーーーーーーーー
「無効なトラフィック・コンテンツ向けアドセンス」

これはどのようなものなのか? 
解説します。

無効なトラフィック・コンテンツ向けアドセンス
自分で広告をクリックしたり、他人が連続で広告をクリックしたりした場合に無効なトラフィックとなります。
そして、アダルト系などの記事を掲載したり、広告にアダルト系があった場合に、無効なコンテンツになります

・無効なトラフィック=自分や他人が連続で広告をクリック
・無効なコンテンツ=許可されていない記事の内容や許可されていない広告の収益
Screenshot_20210126-152924

必ず収益から徴収される
無効なトラフィックになる行為や無効なコンテンツを掲載していない方でも必ず収益から差し引かれます】
なので、Googleに税金を納めていると思うしかありません。
これをブロガー業界では【Google税】と言います。

Google税の割合は?
Google税は2%~10%です。
私は毎月のアドセンス収益から2〜3%差し引かれています。

まとめ
・無効なトラフィック=自分や他人が連続で広告をクリックした行為
・コンテンツ向けアドセンス=許可されていない記事や広告
無効なトラフィック・コンテンツ向けアドセンス=Google税
Google税の徴収金額=月額収益の2〜10%

動画】無効なトラフィック コンテンツ 

本日は以上です。
ありがとうございました。